パーティー余興のお手伝い

 以前書きましたが、ドイツではキリのいい歳に誕生日パーティーを行うことが多いです。

パーティーではダンスタイムがあったり、参加者それぞれが趣向を凝らした余興を披露したりします。


今月初め、たぬきさんから「2~3行の文章を日本語に訳して欲しい。」と言われました。

私 「どんな!? 難しいのは無理やで。」

たぬ「パパが友達の誕生日パーティーでスピーチする文章だからそんなに難しくないよ。大丈夫。」

パパが書いたドイツ語文を確認してみると・・・うん、大丈夫。(ま、例え間違ってたとしてもパーティー参加者に日本語が分かる人はいないでしょ)


日本語に訳した文をローマ字で書いてたぬきさんに渡しました。

(そしてたぬきさんは私が書いたローマ字文をドイツ人が読めるローマ字(?)文に書き直す)


すると、「それともうひとつ。これもお願い。」とたぬきさんから更なる依頼。

たぬ「この言葉を日本語(漢字)で書いて。」

私 「はぁ。」

たぬ「パパがこの言葉を鉢巻に書きたいんだって。」

私 「これ書くの?結構難しい漢字やけど・・・」


パパが書きたいその言葉は“Glück und Gesundheit”(幸運と健康)

ちゃんと“幸”が一文字と理解してくれるかしら。(特に“健”が心配)

私の心配を思って、たぬきさんがパパに「チェックするから書き終わったら鉢巻の写真送って。」と言ってくれました。


「書けたー」と送られてきた鉢巻の写真

b0174108_06202631.jpg
上が私がワードでタイプしたもの。下がパパがレタリングしたもの。

よく出来ました~\(~o~)


そして後日、写真と共に誕生日パーティーが終わったと連絡がきました。

スピーチは大成功だったようです。(←どういう意味で大成功なのだろう?)

その時のパパとママの仮装。

もちろんテーマは日本。

b0174108_06281399.jpg

なんか“なめ猫”に似てる


[PR]

# by agendadeutsch | 2017-10-18 06:39 | Comments(0)  

中華とクロアチアの融合

さて、1ケ月ほど前のたぬきさんの誕生日、久々2人でレストランに行き食事をした話を今頃UPさせていただきます。


ここ数週間、たぬきさんは事務所移転などがあり週末もお引越しでかなりお疲れ。

「遠くへ出かけるのは嫌」というたぬきさんリクエストがあり、アパートから歩いて30秒の中華料理レストランへ。

ここは以前、クロアチア料理レストランだったのですが、1年ほど前に中華料理レストランになりました。

クロアチアレストランの時はたまに食べに行ってたけど、中華になってからは初めてです。


実は私あまり期待してませんでした。

サービス悪そうだし、味もどうなんだか・・・でもたぬきさんのお誕生日だからリクエストにお応えしないとね。


レストランの外装はクロアチアの時のまま。

中に入ると中国人の店員さんが「ニイハオ」と笑顔で迎えてくれました。(おっ、予想に反していい感じ)

店内はチラホラドイツ人のお客様がランチをとっています。(まずまず流行っているみたい)

そして店員さんがすぐメニューを持ってきてくれました。


中国語とドイツ語そして英語の3ケ国語で書かれたメニューですが、写真が一部の料理しかないので、なかなかイメージが湧きません。

するとたぬきさんがテーブルの上にも別のメニューが置いてあるのを発見。

見てみるとクロアチア料理メニューが!(前のシェフがいる?)

クロアチア料理に興味をひかれましたが、せっかく新しい中華レストランに来たので今回は2人とも“中華料理”をお願いしました。


料理を待つ間、お店の内装などをチェック。

椅子のカバーが中華風になって壺が置いてあるくらいで内装もほぼ一緒。(クロアチア時代の絵画も壁に掛かったまま)


そしてビールを飲みながら“教えてたぬきさんタイム”

私 「前から思ってたんやけど、ドイツのお店って新しくなってもほとんど改装とかせぇへんよね。なんで?」

たぬ「まぁ、一番は改装費用の問題かな。」

私 「日本やったらケチってる(とかやる気ない)とか思われてお客さんが来ないと思うんやけど。」

たぬ「ドイツではケチってるとか思わないね。」

私 「お店の名前も変えへんやん?」

たぬ「それは、お店の名前が一緒だったら(新しいお店になったことを知らない)以前のお店のお客さんが来てくれるかもしれないでしょ。」

私 「ふ、ふーん。」(確かに、帰宅してネットでこのレストランの口コミを見ると「クロアチア閉店してて残念。でも中華美味しかった。」的な書き込みいっぱいでした)

たぬ「たぶんここ100年位前からずーっとレストランだったと思う。で、オーナーは変わっても名前は変えてないと思うよ。」

私 「日本じゃ考えられへんな。代替えすることは商売失敗したわけでしょ。そんな縁起でもない名前を引き継ぐなんて・・・。」

たぬ「繁華街だったら改装もするし名前も変えるよ。でも地元の人が集まるお店はこれが普通。」

だそうです。


そーこー話してるうちに料理がやってきました。

前菜

b0174108_05405022.jpg

エビ餃子(2人でシェア)

メイン

b0174108_05412083.jpg

まず私注文 牛肉と野菜の焼きうどん

そして、たぬきさん注文、しかし・・・

店員「(笑顔で)ごめんなさいねー。注文と違う料理が通っちゃてたの。これでもいいわよね。」(←この対応、日本じゃありえん。でもこの緩さが好き)

たぬ「僕が注文したの鴨肉なんだけど。(店員さんがこれも鴨と返答) じゃノープロブレム。それでいいよ。」

b0174108_05414945.jpg

ってことで、たぬきさん注文 クリスピー鴨と野菜の炒めもの

(注 料理の名前憶えてないのでテキトーです)

これにご飯が付いてきてかなりのボリュームでしたが、全部美味しくて完食。(^^

b0174108_05421359.jpg

最後はサービスで梅酒がでてきました。(^o^)


ミスはあったけど店員さんは笑顔で親切。

料理も美味で居心地も良し。

そしてなんといってもアパートから歩いて30秒のナイスロケーション。

また行きたい。

b0174108_05430398.jpg

レストランの名前は“Zum Goldenen Löwen(金獅酒楼)”(看板は新しくなってます)

あっ、もう1つ変わったところ。

b0174108_05424127.jpg

テラス席に鯉が泳いでる池が出来てました。


[PR]

# by agendadeutsch | 2017-10-13 06:05 | ドイツ生活 | Comments(0)  

Tag der Deutschen Einheit

 今日は数少ないドイツの祝日。

Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日)」です。


首都ベルリンでは毎年何かしらの催事が行われますが、ここフランクフルトは特別なものは何もなく静かです。

以前に何度か書いてますが、たぬきさんは東ドイツ出身。

政治的なことは(私が)よくわからないのでどんな暮らしをしていたか庶民的なことを聞いてみましょう。

ちなみにたぬきさんの故郷は東西ドイツの国境に近かったので、ラジオやテレビの電波が入ったそうです。


では「東ドイツはどんなだった?」 インタビュー開始


Q. 食料品とか買い物に行くと、棚が空っぽで買えなかったりした?

A. 買えないことはなかったよ。でも種類が少なかったかな。主に高級品がなくて、1品目1種類とかで選択肢があんまりなかった。


Q. コーラって知ってた?飲みたかった?(←決してバカにしているわけではない)

A. コーラはテレビで見たことあったから知ってたよ。でも東ドイツにも同じような飲み物があったから特に飲みたいとは思わなかった。

でも実際コーラ飲んだら全然味が違って美味しかったぁ。


Q. 国境際まで西ドイツ見に行ったことある?

A. 僕の故郷は田舎だったから国境は森だったの。国境には高い鉄網が立ってて、付近2kmは立ち入り禁止だったし、警察が見張ってるから行ったことないね。


Q. テレビやラジオは西と東、どっちがおもしろかった?

A. 断然西ドイツ! ラジオから流れてくる音楽ひとつ取っても垢抜けてるというか・・・。東ドイツのは全部似たり寄ったりでつまんなかった。


Q. 学校でクラスメイトと「昨日の西ドイツのテレビ見た?」とか話したりした?

A. それはなかったね。たとえクラスメイト(子供同士)でもお互いに「西の情報を得ている」ってことは内緒。ばれると警察来るからね。

外に西向きのアンテナ付けてたらすぐ警察くるからテレビのアンテナは映りが悪くても室内。

屋根裏部屋にあるアンテナをパパが右に左に傾けて、僕たちが画面見ながらちょっとでも映りがよくなるように「もうちょっと右―」とか毎日やってたよ。

他の家でも同じだろうね。皆な見てることは口には出さないだけで暗黙の了解だった。


Q. 西ドイツに親戚はいた?

A. うん。会いに行ったことはないけど、手紙や写真、たまに西ドイツのお菓子送ってきてくれたりしたよ。

写真がカラーで(1970年後半、東ドイツの一般家庭はまだ白黒写真)綺麗って思ったの憶えてる。


Q. 東西の個人的な物品輸送はOKなの?

A. うん。食べ物はOK。でも雑誌やビデオなんかはダメ。


Q. 旅行は自由に行けた?

A. もちろん西側諸国は無理だけど、東側なら全然問題なかった。親戚がいたから家族でポーランドとかよく行ったよ。


Q. 選挙はあった?

A. それがあったんだよ。でも立候補者はみんな同じ政党の人。その人で賛成か反対かを投票するんだよ。もしNOと投票すると警察につれてかれるんだよね。

(ちなみに東ドイツの選挙方法 Wikipediaより

1.有権者が投票所に行くと投票用紙を交付される。

2.賛成の時は何も書かずに、そのまま投票用紙を投票箱へ入れる。

3.反対の時は記載台まで行き、投票用紙に印を書いてから、投票用紙を投票箱へ入れる。

だれが反対と投票したか、一目瞭然・・・)


Q. 18歳の大学進学の年に壁が崩壊したわけだけど、旧西ドイツ側の大学に進学した理由は?(ドイツでは大抵地元の大学に進学するので)

A. 地元の大学に行くつもりだったんだけど、東西統一して(地元の大学の予算削減で)行くつもりの学部がなくなったの。で、どこかの大学に空きがないか調べた結果、西ドイツ側の大学になったんだよ。


ふぅーん、いろいろあったんだねぇー。

た 「さっ、もうインタビュー終わり。今日は祝日なんだから(?)ビール飲みましょうよね~。」

b0174108_20143026.jpg

左からGilde(ドイツ・ハノーバー)、Lübzer Pils(ドイツ・リューブ)、Stary Melnik(ロシア)、Peroni(イタリア)

まだドイツが東西で分断されてたらこんなおいしいビール(ロシア以外)飲めなかったかもね。


あっ、最後にもうひとつ質問

Q. トラバントは段ボールで出来てたって本当?

A. 嘘。(正解は繊維強化プラスティック)


[PR]

# by agendadeutsch | 2017-10-03 20:38 | ドイツ的トリビア | Comments(0)  

お悩みハムレット

 最初にお断り

今回2枚の画像を貼り付けてますが、2枚とも気持ちの悪い画像です。

お食事中の方、敏感な方はご覧になる際はご注意ください。


今日は仕事がお休みだったので、月末大掃除をしてから近所のショッピングモールにお買い物に行きました。

いつも行くお得な果物屋さんを覗くと“3つで1ユーロ”のグレープフルーツを発見。

「朝ごはん用にするか。」と買って帰ったのですが・・・

部屋に漂うグレープフルーツの香りにガマンできず、「3つあるから今日1個食-べよ。」と皮を剥いてみると

b0174108_03140275.jpg

んぎゃー!!!

真っ黒!!!

「ショックだけど生ものだし、こーゆーこともタマにはあるわよね。うんうん。」と自分を納得させ、新たなグレープフルーツを手に取る。

「まさか2連ちゃんはないでしょ。」と皮を剥いてみる。

大丈夫そう。と思ったとき真ん中から黒いものが・・・

b0174108_03142839.jpg

真ん中の白いのはフサではなくカビ


そして3つ目。(もう食べる気ゼロ)

一番ダメージは少なかったけどとても食べれる代物ではありませんでした。

運が悪かったのかしら?

いやーでも3発3中ってひどくない?

正直返金とかそーゆーのはいらないけど、一言お店の人にこの気持ちを伝えたい。

しかし、わざわざ電話するのもなぁ。(仕事が終わってからだと営業時間に間に合わないのよ)

1ユーロごときで苦情を言うべきか言わざるべきか、それが問題だ。


[PR]

# by agendadeutsch | 2017-09-29 03:21 | ドイツ生活 | Comments(0)  

なんでジャマイカ?

 先週の日曜日(24日)は“ドイツ連邦議会選挙”の投票日でした。

日本国籍の私はもちろん選挙権はありませんが、メルケルさんが首相として4期目を迎えるかどうかが気になっていました。(なんつっても難民問題が要)


結果はメルケルさん率いるCDU(ドイツキリスト教民主同盟)がかなり議席を減らしたものの勝利となりました。

別にメルケルさん押しな訳じゃないけど、なんだかホッとしました。

だって、私が初めてドイツに来る前(2006年)からずーっと「メルケル首相」なんだもん。

違う人になるとか想像できない。


月曜の朝、ニュースを見ていると(当たり前だけど)話題はほとんど選挙結果。

でもドイツの選挙なのになんでか“Jamaica”って言葉が頻繁に出てくるの。

「たぬきさーん、なんでジャマイカなんですかー?」

た 「ドイツの政党には各政党にカラー(色)が決まってるんだよ。メルケルさんのCDUは黒、SPDは赤とか。」

私 「それは知ってるけど、なぜにジャマイカ?」

た 「今回の選挙結果を受けて、CDUDie Grünen(緑の党)と FDP(自由民主党)と連立するんじゃないかって言われてるの。このそれぞれのカラーが黒(CDU)・緑(Grünen)・黄(FDP)でジャマイカの国旗色だからジャマイカ連立って言ってるんだよ。」

私 「なーるほど。」(ってそこまで感心するもんでもないか)


日本も10月に衆議院選挙がありますね。

今回は私も在外選挙登録して投票する予定。

連立政権に名前は付かないかもしれないけど、○○内閣がどんなネーミングになるか少し気になります。


[PR]

# by agendadeutsch | 2017-09-27 06:18 | ドイツ生活 | Comments(0)