フランクフルトにベルリンの壁

 勤務先の近くにある通り。

毎日ではありませんが結構頻繁に歩いてます。

通りに沿って並ぶカフェやレストラン。

いつもそっちばっかり見てたので、まったく気づきませんでした。

b0174108_05465879.jpg
ベルリンの壁(もちろん本物)があったなんて・・・

初めて見ました。


横から見ると

b0174108_05473420.jpg
こんな感じ

派手なペインティング(1番目の写真)の方は旧西ドイツ側。

コンクリートのまま(2番目の写真)の方は旧東ドイツ側。(2番目の写真の落書きは最近されたもの)


分断されてた頃、この壁を越えようとした東ドイツの人たちがいたのは30年くらい前の話。

実際に壁を見てると、ニュースで見てただけの出来事が急に現実感伴ってきます。


この壁は Am SalzhausとKleiner Hirschgrabenという通りがぶつかるところにあります。

ゲーテハウスのすぐ近くなので、歴史の1ページ“ベルリンの壁”こちらも鑑賞されてはいかがでしょうか。


[PR]

# by agendadeutsch | 2018-09-18 06:08 | ドイツ生活 | Comments(0)  

微妙なプレゼント

 先週の休み、すんごい久しぶりに“Skyline Plaza”にお買い物に行きました。

そのショッピングモールに入っているアクセサリー屋さんでヘアバンドを買いました。

お会計のためレジカウンターに行ってお金を払い終わると、店員さんがプレゼント用に使える箱を「これプレゼントね。」と言って紙袋に入れて渡してくれました。

b0174108_06041808.jpg

いや、別に自分で使うヘアバンドやから箱いらんのやけど・・・

と、思いながらもそのまま頂いて帰って見てみるとアクセサリーが数点中に入っていました。


ドイツに住んでもうすぐ10年。

(売れ残り(?)在庫処分(?)とはいえ)無料でどうぞ的なこと初めてですよ。

気になる中身は、ブレスレット・ピアス・スカーフ留め(?)の計3点。

う、うーん(――;)

買ったヘアバンドよりお値段高そうなお品。それを無料で頂いたわけで・・・。


そうなんだけどなんだけど(-_-;)

使うにはちょっと微妙なアイテム(特にお星さま)(=_=)


1度着けてみて、この子たちの里親を探すかどうかを決めたいと思います。

(案外気に入って、私のマストアイテムになったりして)


[PR]

# by agendadeutsch | 2018-09-13 06:21 | ドイツ生活 | Comments(0)  

最後の夏祭り

 過ごしやすくなったを通り越して“寒い”今日この頃。

お仕事に出かける朝は厚手のジャケットが必要です。


さて、毎年恒例の“Museumsuferfest”が今年は8月24日から26日開催されました。


このお祭りは、お祭りが開催される通り近辺にある美術館・博物館が(今年は)7ユーロで入場し放題になります。

でも私とたぬきさんの目的は通りにたくさん並ぶ屋台が目当て。


こちらもMainfestと同じく私は3年ぶりに参加しました。(この3年間私何してたのかしら?)


最終日の26日にたぬきさんと共にお祭りに参加。

今年はお昼ご飯を家で軽く食べて、前回のように粗相をしないよう気を付けました。

(粗相後、私は飲み会やお祭りなどの時は必ずケロ袋を鞄にいれて出掛けるようになりました)


この日は何か羽織らないと寒いくらいの日だったのでお日様サンサンの2時頃お祭りに出発♪


毎回のことだけどすごい人

b0174108_23241884.jpg

b0174108_23592953.jpg
まずはケルンの地ビール“Kölsch”で乾杯~


毎年お祭りに行ってると「同じ場所に同じ屋台でちょっとまんねり」って思ってたんやけど、こちらも3年ぶりのせいか新たな屋台を発見してウキウキ。(←3年経って単に忘れてるだけ?)

b0174108_23395998.jpg

ポーランドウォッカの屋台


b0174108_23423231.jpg

色が黒いソフトクリームの屋台

どんなのか食べたかったけどアイスを食べるには寒かったので断念。


b0174108_23471675.jpg
お祭りなのに本格的な宝飾店!

b0174108_23493583.jpg
お店の入口には“Männerparkplaz”と書いたベンチ。

Männerは男性、Parkplazは駐車場。女性が店内で宝石を見てる間、男性はこちらでご休憩くださいというイキな計らい。


b0174108_23310571.jpg

アスレチックなブースに椅子を見つけ休憩タイムを要求するたぬきさん


たぬきさん休憩中私は5シュート決めれば景品をくれると聞き

b0174108_23300459.jpg

バスケットのフリースローに挑戦

係の人に聞くと何球投げても構わないとのこと(?_?)


さて結果は・・・

何球投げたかわからんくらい投げた。

でも1球もゴールリングにも届きもしなかったのよーん。(子供でもゴールのバックボードに当ててたのに)

b0174108_23284636.jpg

次はこれでリベンジ

と思ったけど、やってる人(大人)みてたら結構危なそうなのでやめました(子供は軽々やってた)


たぬきさんの休憩が終了したので、次は川の向こう側へ移動です。


橋を渡っていると

b0174108_23341834.jpg

ボートハウスがやってきました。

ボートの横に会社のサイトが書いてあるので宣伝のようです。

雰囲気なのかなんなのか、乗ってる人の足の組み方さえもハイソに見える。

b0174108_23382893.jpg

橋を渡り終えるとこれまたすごい人


暫く歩いていると全く進まなくなりました。

「どうしたん?そんなに人多いの?」と思っていたら原因はこれ

b0174108_23413377.jpg

eyesight”という会社のブース

(瞳の)虹彩の写真を撮ってくれるのです。

物珍しいので人だかりができてたのね。


虹彩は指紋と同じく人それぞれ違うそうなのです。

「撮りたーい。」と思ったものの、すんごい人&お値段25ユーロ(やったかな)だったので断念しました。


さてさて、ちょっと小腹が空いてきましたよ。

川岸に座り休憩しながらあまりドイツではみかけない

b0174108_23365214.jpg

アメリカンタイプなホットドックを食べました。

(かじった後の写真ですいません)

ちなみにドイツのホットドック(Bratwurst)はパンが硬くて、ウインナーは焼いてて、ウインナー以外の具材がない。

ケチャップとマスタードのみの味付けです。


b0174108_23362996.jpg
美術館が並ぶ通りからフランクフルトの高層ビル側の眺め

b0174108_23373767.jpg
何の柵もない川岸に足投げ出して座ってもだれからも注意されません

落ちたら自己責任よ。


お祭りの最後は恒例のプリクラ撮影!

毎年VGFというフランクフルトの地下鉄を管轄してる会社がブースをだしてて、ここではプリクラが無料で出来るんです!


最初に行ったときは証明写真チックな絵葉書のようなお粗末なものでしたが、毎年進化してて、3年前撮ったときは区切られた部屋みたいなのに入って連続撮影できるまでになってたの。


3年ぶりでどれだけ進化してるのか?

もしや日本のみたいに落書きできるとか目が大きくできるとか???


期待を込めてブースに行ってみると

b0174108_23462164.jpg

退化してるぢゃん(絵葉書かよー)

残念です。

でも撮ってもらいました。


只今たぬきさんがダイエット中ということもあり、今回食べたのはホットドックだけ。

でも涼しかったのでかなりゆっくりとお祭り楽しめました。

b0174108_23251875.jpg

おじいちゃんと小さな子が一緒に働いてたブース

年齢とか関係ないこんなドイツのお祭り好き。


[PR]

# by agendadeutsch | 2018-09-03 00:23 | ドイツ生活 | Comments(0)  

魚の目鶏の目

 魚の目が痛いの。

2年前に出来た時は“イボコロリ”で治ったんやけど、最近再発です。

もうイボコロリは使い切ったのでドイツ製のものを買ってみました。

b0174108_06162917.jpg

ドイツ語で魚の目はHühneraugen(鶏の目)と言います。(日本語でも正式には鶏眼っていうんだって)

お値段は忘れちゃったけど、だいたいイボコロリと同じくらいだったと記憶してます。(大きさもイボコロリと同じくらい)

使ってみた感じはイボコロリと同じ。

効き目のほうは・・・1度の使用で関係ない皮膚の皮ががっさり剥けました。が、魚の目はまだしっかり残ってます。(強いんだか弱いんだかわからん)

だから今は薬液を付けたあと、バンドエイドして他の場所に当たらないようにしてます。

もうすぐブーツの季節。(すっかり寒くなって、本日の最高気温22℃)

それまでに完治しますよーに。


[PR]

# by agendadeutsch | 2018-08-31 06:22 | ドイツ生活 | Comments(0)  

第1回 Main Matsuri

 少し間が空いてしまいましたが8月のお祭り第2弾行ってきました。


8月17日から19日の3日間開催された“Main Matsuri”。

今年初めて開催された新たなお祭りです。


名前のMatsuriから想像できるかと思いますが、日本をテーマとしたお祭りです。

日本の文化を紹介するブースやステージ・日本の食べ物屋さんの屋台・そしてコスプレ大会などなど(コスプレ大会優勝者は賞金100ユーロ)が催されました。


私とたぬきさんは日曜日の(この日も超暑かったので)夕方4時頃に行ったのですが、会場の最寄駅で下車すると、居るわ居るわそれっぽい人たち。(アニメTシャツや、鞄にキャラクターのキーホルダーつけてるとか)


日曜日は最終日で6時で終了と聞いていたので人も少なくなってるかなと思っていたのですが

b0174108_05444327.jpg
b0174108_05451398.jpg
予想に反して凄い人


食べるのはあとにして、先にどんなブースがあるのかチェック♪

b0174108_05465352.jpg
まんが(ドイツ語版)やフィギアのブース


b0174108_05474083.jpg
風呂敷とか扇子とか、日本の和雑貨のブース

あとはほとんどがコスプレ用品(かつらや衣装)などアニメに関するブースでした。


一通りブースを見た後は、いよいよ「ごはん」!

超腹へりなのよー。

しかし食べ物の屋台へ行ってみると長蛇の列。

b0174108_05552936.jpg
周りの人に聞くと30分近く並ぶらしい


「他の食べ物屋さーん」と探してもどこも全部同じような長蛇の列。

しかも“売切れ”のお品も多い(最終日の夕方だしね(T_T))


でも人の多さに比べて、食べ物屋台が少なすぎるんぢゃない?

結局何も食べずに帰りました。(近くで別のお祭りしてるとの情報が入ったのでそっちに行くことに)


今回はちょっと残念(暑かったし)だったけど、今後もこのお祭り続いて恒例になってほしい。

やっぱり母国をテーマにしてるお祭りに人が集まるってうれしいし。

次回の希望・・・もう少しご飯屋さんを増やしてほしいな。

あと和菓子食べたい。(←わがまま?)


会場には

b0174108_05490487.jpg
着物を着た人たちもちらほら

b0174108_05500627.jpg


b0174108_05504292.jpg
会場横のマイン川岸でお祭りを楽しむ人たち


その横には

b0174108_05514041.jpg
がっつり決めてるコスプレーヤー

[PR]

# by agendadeutsch | 2018-08-29 06:17 | ドイツ生活 | Comments(0)