ドイツ語技能検定試験

 いわゆる“独検”を昨日受験しました。(英検のドイツ語版)
ドイツで日本の財団法人が主催してる検定が受験可能なことに驚きました。
しかも日本で受験するより安かった。

ドイツ語の検定試験は初めてで、私はいったいどのレベルなのか?がわからずとりあえず一番下のランクの5級を申し込むことに。
申し込み後、4級の過去問題を確認してあまりの難しさに5級にしてよかった・・・と安心モードに入りました。

しかし5級とはいったいどれほどのレベルなのか?
ネットで5級の過去問題を検索してもヒットしない・・・
実は5級は昨年の秋季(前回)試験から新しく開設された級で情報が少なかったんですね。

独検のサイトを見ても、
「5級・・・初歩的なドイツ語を理解し,日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる。」の記述のみ。

本屋さんで過去問題集を見つけるも、日本での販売価格の約2倍の価格。(2,835円⇒39.10ユーロ)
なのでまず、立ち読みで問題をチェック。
想像以上に簡単・・・

4級を申し込んだほうがよかったかな?
でも申し込み期限は過ぎてるし、まず5級に全力投球する!と決意し、問題集を購入しました。
2009年度の5~3級の過去問が掲載されてるので次回4級を受験するのに使えるし。

で、試験当日。
自転車で試験会場のフランクフルト日本人学校へ。

5級は4年2組の教室。
すごーいかわいい机といす。私のお尻がはみ出ないか不安になるくらい小さい。

受験生の60%は小学生で残りが大人。。。
さすがにお父さんたちは机といすが窮屈な感じ。

試験官の方は日本人学校の先生で、
「試験開始の前に注意事項を読んでおいて下さい。あ、小学生のみんなは読めない漢字があったら先生に聞いてください。」
って、かなりかわいいじゃないですか?

5級の試験は筆記40分・聞き取り20分。
知らない単語も問題文に入ってて、私ヤバイのでは?と若干焦りました。

帰宅後たぬきさんに解答をチェックしてもらい、
「大丈夫でしょ。(聞き取りはチェックできないので)」
今日はネットの解答速報で再チェック。
大丈夫のようです。よかった・・・

次回は4級がんばります。
[PR]

by agendadeutsch | 2009-06-29 20:58 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< 商品券の本 REWE  ファミリーフェスタ >>