続・イギリスからの荷物

 真相は・・・ストライキしてました。
だったら仕方ないね。待つしかないね。
で、さらに待つこと3週間・・・届きませんけど~!

たぬきさんが店舗に問い合わせると、ストライキで多くの荷物が止まっていたので通常より配達に時間がかかってるのでは?との返答。
念のために送り状をFAXしてもらいました。

届いた送り状を見ると・・・住所が違う~!
微妙にスペルが違うのです。
配達に来た郵便屋さんが、「この住所ここだと思うんだけど・・・でも・・・」と迷ってしまうような書き間違いなのです。

これでは届かないかもしれない。
ということで、郵便屋さんに判るようにコメントを書いて、送り状のコピーを郵便受けに貼りました。

次の日、送り状のコピーが剥がされていました。
「きっと近所の若者が剥がしたんだよ。まったく。」
とたぬきさん少しご立腹。
そして今度は簡単に剥がされないように頑丈に送り状のコピーを貼りました。

その次の日、また剥がされていました。
たぬ「どうして!?簡単に剥がれないようにかなり頑丈に貼ったのに!」
私 「管理人さんじゃないの?」
たぬ「どうして管理人さんがそんなことするの?」
私 「外観が悪いから・・・じゃないの?」
納得しかねるたぬきさん。でももう送り状を貼るのはあきらめました。

そして今日現在、まだ荷物は届きません。
結局違うメーカーのクレンジングオイルを使いました。
ニキビがたくさんできました。

イギリスの店舗にオーダーのキャンセルと返金を依頼すると、新たに商品を発送します。との対応。
今度はいつ届くんでしょうか?
でもしばらくは大丈夫よ。お正月日本に帰った時にたくさん買い込んで持ってきたから。

ちなみに郵便受けの送り状を剥がしたのは管理人さんでした。
理由は「外観が悪くなるから」でした。
[PR]

by agendadeutsch | 2010-02-14 23:24 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< 続・続・イギリスからの荷物 イギリスからの荷物 >>