おフランスの旅・・・Pecorinoを探し求めて3千里?編

 パリ5日目
ついに最終日です。

私が午前中出発のベルサイユ宮殿バスツアーに参加するため、CさんもHさんも早起きして一緒に“雨漏りホテル”へ朝食のため向かいました。

「ホテルの中庭で食べる朝食」を楽しみにしていた私たちですが、この日は寒かったので結局館内で食べることに。
(ホテルご自慢の朝食も中庭で食べなければ普通のお味)

朝食後、私はその足でバスツアーの集合場所へ向かうためメトロの駅へ。
CさんとHさんも駅の改札まで付いてきてくれました。(私がちゃんと乗車券が買えるのか心配のため)
ここで2人とお別れです。

若干のトラブルはあったものの、楽しい旅が一緒にできてよかったです。
お互いの帰路の無事を祈って別れました。

さて、バスツアーの集合場所へ行くとたくさんの人。
私が申し込んだツアーは「ヴェルサイユ 日本語ガイド付き見学」。

本当は庭園をゆっくり見たいから、ツアーではなく個人で行きたかったのですが、「入場券を購入するだけで3時間待つ」とおそろしいことを聞いたので、ツアーを利用しました。
(あと、電車で行くと駅から宮殿まで少し歩かないといけない。バスは宮殿前で降ろしてくれる)

私が乗ったバスの乗客は「英語以外の言語のツアー客」のようで、なんともインターナショナル。
私の隣に座ったおじさんはアルゼンチンの人で、お互いカタコト英語で少し話しました。

宮殿前に到着するとガイドさんとご対面~。
てっきり日本人のガイドさんと思ってたら、とても小柄なフランス人女性でした。

宮殿前はかなりの混雑で、入場券売り場を見るとかなり長い列。
するとガイドさんが、「あなたたちとてもラッキーよ。今日はとっても空いてる。先週はこの3倍の人出だった。」と言っててびっくり!
これで空いてるの?

宮殿の入り口でまず荷物チェック。(1列しかないのでこれも長蛇の列が出来る原因だと思う)
そしていよいよ“ヴェルサイユ宮殿”へ。

すご~い!ベルバラの世界や~ん!
b0174108_2212167.jpg
「鏡の回廊」 豪華絢爛ってこういう時に使うんや~。

b0174108_22201127.jpg
「ナボレオンの戴冠式」↑の写真には写ってませんが、この絵にまつわる話をガイドさんがしてくれました。
他にも「ルイ14世」がとても背が小さく(160cm弱)かつらとハイヒールを着用して180cm以上に見せていた。などおもしろいお話も聞かしてくれました。

ガイドさんから「質問はありませんか?」と何度か聞かれたのですが、フランス史(だけやないけど)に詳しくないため、全く質問できませんでした。
(私が持っているフランス史の知識は「ベルサイユのバラ」から得たのみ)
もっと勉強しないといかんね。知ってることが多ければ、より楽しめるはず。

宮殿見学が終わると出発時間まで自由時間。
本当は自転車を借りて庭園の散策と、マリーアントワネットの離宮に行きたかった私。(ガイドさんからは半日のツアーでは時間が足りないといわれました)

自由時間は45分くらいしかなく、トイレに並んでいたら結局20分くらいロスしてしまい、ほとんど庭園が見れなかった・・・。

パリに戻り、次に向かうは“エッフェル塔
(この日も1日乗車券を購入したため、改札を通るたびにヒヤヒヤしましたが無事通過できました)

b0174108_22305616.jpg
エッフェル塔の真下から撮影(単なる工事現場のよう)

ここもすごい人。
入場券を買う人の列、そして入場口の人の列。
1時間くらいは並びそうな感じだったので、エッフェル塔前のシャン・ド・マルス公園をゆっくり歩きながらエッフェル塔を眺めました。

お土産屋さんで恒例の“クマのぬいぐるみ”を購入。
b0174108_22353189.jpg
右の足裏にハート形のフランス国旗。左の足裏にエッフェル塔の刺繍。

“エッフェル熊”を手に入れ、ほくほくの私。
でもクマ以外に私がパリで欲しかったもの。
それはウィーン旅行でも登場の旅するワンコ“Pecoriono”の写真集、“Pecorino in Paris

洋書を扱う本屋さんを数軒訪ねしました(1日乗車券フル活用)が、どこの本屋さんも「うちには置いてないです。」の返事。
(よく考えれば(いや考えなくても)ドイツ語の本だからフランスには置いてなくて当たり前か?)

Pecorinoを探し求めて、いろんなところに行っていたら、もう帰る時間になってました。

預けていた荷物をホテル(カビ臭い方)に取りに行きパリ東駅へ。
(ホテルを「カビ臭い」と表現してますが、実際にカビが生えていたり、臭いのではありません。あくまでイメージですから。ホテルスタッフはみんな親切でした。特に夜勤のおじさんはとてもフレンドリー)

パリ東駅からフランクフルト中央駅まで約4時間。
大きく遅れることなく無事到着。
最寄り駅まで迎えに来てくれたたぬきさんと再会したのは、夜中12時。
“Pecorino”がパリにいながったことを伝えると「ネットで買えばいいでしょ。」とあっさり。
「パリでめぐり会いたかったんだよ~!」

その他に買ったフランスのお土産
Tシャツ2枚 (ディズニーパーク)
パンツ    (    〃   )
塩キャラメル
KUSUMI TEAのデトックス茶
b0174108_22484310.jpg
これを飲んでからトイレの回数増えた!(痩せてないけど)

ドイツとフランスはお隣の国だけどまったく違った印象を受けました。
1番驚いたのは物価が高い。
シングルアイスが2.50ユーロだったの!フランクフルトの観光地だったら1ユーロくらいなんだよ!(例えがとても貧困・・・)
あと、街がキレイ。(犬のウ☆コがいっぱいを想像してたけど、ほとんどなかった。ドイツのほうがひどい)
場所や人にもよるけど、全般的にサービスがよかった。

今回は移動が多い旅だったので、美術館などのなかに入れなかったけど、次回はゆっくりじっくり遊びにいきたいと思います。

Cさん、Hさんありがとうございました。
また来年の旅行のためにがんばって働きましょうね!
[PR]

by agendadeutsch | 2011-06-25 23:16 | 旅行 | Comments(0)  

<< 〇年ぶりのブライアン おフランスの旅・・・続・フラン... >>