友達の輪

 「友達の友達もウェルカムだから・・・」とK嬢が声をかけてくれたので、面識のない人の誕生日会に行って来ました。

日本と違いこちらでは主賓(誕生日の人)が「私誕生日なの!」とみんなに声をかけ(パーティーなどに)招待するのが普通の流れ。

この誕生日会には、「自分の飲み物と、何か1品料理を持参すること」と聞いたので、和食じゃないけど日本の味、“メロンパン”を作って持っていくことにしました。
(この時点では、誕生日の人の(国籍など)情報が皆無だったのです)

朝から粉をこねこねして、発酵さして、焼いて・・・結果は大失敗!(←また?!)
で、急遽“じゃがいもトルテ”を作って持って行きました。(こっちは成功!)

K嬢と駅で待ち合わせてお友達の家へ向かいながら、お誕生日の人のことを聞くと、Y子ちゃんという名の日本人の女の子でした。

集まったのは総勢10名以上。
日本人の若者(ワーホリや大学生)やドイツ人(こちらも大学生)。
どー見ても私が一番年上だ。(ってかダントツ一番)

でもそんなことは気にせず、お庭にテーブルとイスを並べて、みんなが持ち寄った料理+Y子ちゃんが作った数々の料理を囲みながら談笑。(Y子ちゃんの肉じゃが、K嬢の春巻き美味しかったよ~!)

食事の最後にはドイツ人女子2人が作った丸い大きなお誕生日ケーキ!
ケーキの真ん中にチョコレートで書かかれた「お誕生日おめでとう(日本語!)」の文字。
これまたすっごく美味しくって、おかわりしたいくらいでした。

食事の後はみんなでトランプをすることに。
ちなみに日本のトランプとドイツのトランプは枚数が違うって知ってました?
(日本は52枚・ドイツは32枚だって!)

この日は日本のトランプを使用して、まずはドイツ人も知ってる“ババ抜き”から。
(ババ抜きはドイツ語でSchwarzer Peter(直訳すると黒いペーターさん。言葉の意味は“運のない人”)
10人以上でババ抜きって・・・どんな?と少し不安を抱きながらゲームスタート。
でも案外おもしろく進んでいきました。

次は“大富豪”に挑戦。
しかしこのゲーム、ドイツにはなく、私を含め数人の日本人も「どんなか忘れた」状態。
なので、最初3人で1チーム(説明する人1名+教えてもらう人2名)になりゲームスタート。
最初は戸惑っていたドイツ人たちもだんだん慣れて来て、かなり盛り上がりました。

この日は、”夕方から雷を伴う雨”の天気予報だったのでお誕生日会は早めのお開きとなりましたが、友達の輪が一段と広がりました。

面識のない私を「いらっしゃ~い。」と普通に迎えてくれたY子ちゃんありがとう。
Herzlichen Glueckwunsch zum Geburtstag.
Ich hoffe, dass dein Traum in Deutschland wahr wird.
[PR]

by agendadeutsch | 2011-09-14 02:01 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< 持つべきものは友ですね 遊んでばかりぢゃありません >>