たぬきさん、お怒りの理由

 めっきり寒くなってきたドイツ。
そろそろ冬服を出しておかないと本気の寒さが来てからでは遅い。
今日を逃すと1日空いてる日はしばらくないので、(たぬきさんが家にいるけど)掃除&衣替えを敢行!

スーツケースに入れていた(アパートにはクローゼットなどの収納がありません)厚手のトレーナーやセーターを床の上に広げていきました。

それにしてもたぬきさんの服の量の多いこと!
数年は着てないであろうトレーナーや、すでにお腹のボタンがしまらなくなったズボンetc・・・(この類も捨てられない人)
全部はとてもタンスに入らないので私の独断で(タンス行き衣類を)選別していたのですが、気がつけばもう晩御飯の時間になっていました。

私 「もう御飯の時間やねんけど、見てのとおりまだ掃除が終わりません。」
たぬ「(満面の笑みで)じゃ、外に食べに行く?」
私 「(パジャマのまま着替えてなかったので)わざわざ着替えするのイヤ。」
たぬ「(これまた満面の笑みで)じゃ、ピザをテイクアウトする?」
私 「OK。」
たぬ「じゃ、僕はアンチョビのピザにするけど、君は何にする?」
こだわりの無かった私はメニューを見て適当に選びました。
たぬ「じゃ買いに行ってくるね。」

雨が降っているのにニコニコでピザ屋さんへと向かったたぬきさん。
その理由は、たぬきさんの大好物“アンチョビのピザ”。(アンチョビのピザに、アンチョビのトッピングを付けるくらい好き)
私は「たぬきさんが帰ってくるまでに終わらせなければ!」と必死のパッチで部屋を片付ける。

なんとか片付いた頃、たぬきさんがピザを2箱持ってニコニコで帰ってきました。
たぬ「ただいま~。早く食べましょうよね~。」(←なぜかこんな言い方をします)

私がリビングに行くと、アレ?さっきまでニコニコだったたぬきさんが少し不機嫌な顔。
たぬ「ねぇ、このピザにアンチョビ入ってる?どれがアンチョビかわかる?」
私 「チーズもかかってるし・・・わからん。」
たぬ「・・・入ってないよね!」
私 「もう一回行って文句言ってくる?」
たぬ「もちろん行ってくるよ!」
と言ったあとも、「ひどい。信じられない。」などブツブツ言っているたぬきさん。
そして雨の中、アンチョビ(入ってないけど)のピザを持って再度ピザ屋さんへ。

(以下の店員さんとのやりとりは、たぬきさんからの説明)
たぬ「ピザにアンチョビが入ってないんだけど。」
店員「は? アンチョビ入れましたよ。」
たぬ「(怒!)どこに入ってるんだ!どれがアンチョビなんだ!」
店員「・・・。じゃ、これでどうぞ。(アンチョビを新たにピザに乗せる)」

アンチョビはゲットしたものの、店員の態度(謝罪なし)に怒りが収まらないたぬきさん。
更に不機嫌になりアパートに戻ってきました。

食事中も怖い顔&無言でピザを口に運ぶたぬきさん。
私が話しかけても「ごめん、今は話に集中できない。」という返事のみ。

この日たぬきさんの“アンチョビの怒り”は寝るまで納まることはありませんでした。
日ごろあまり怒らないたぬきさんの”怒りのスイッチ”のひとつは『アンチョビピザ』に決定。
[PR]

by agendadeutsch | 2011-10-14 05:24 | ドイツ生活 | Comments(2)  

Commented by SC所沢 村上 at 2011-10-14 12:34 x
「ドイツで交通事故を起こしたら、謝ってはいけない」と聞きましたが、
自らの非を認めないガンコ者が多いからなのでしょうか。
アンチョビだけに、「カタいクチょう」になるのかもしれませんね。

ひとつ質問です。
「ドイツではサッカーの試合の日、観戦チケットを持っていれば電車代
などは無料になる」って本当ですか?
なお「必死のパッチ」は、日本では化石になっています。
Commented by agendadeutsch at 2011-10-16 20:11
アメリカと同じく訴訟大国ドイツなので、謝っちゃうと後々不利になるから・・・が謝らない理由のようです。全く嫌な世の中ですね!
チケットの件ですが、チケットに電車の乗車券が付いていれば(kombiticketと書いてあれば)電車代は無料になりますよ。(一日中無料かどうかはチケットの注意書きを見ないとわかりませんが)おそらくブンデスリーガ規模の試合ならチケットは乗車券付きだと思います。いいシステムですよね!
化石日本語復活協会会長として、現在「ナウイ」を発掘中です。

<< Erro Portraet u... ちょっとゾッとする話 >>