2つの日本週間

11月5日から12日までフランクフルトで日本のイベントが2つ開催されます。

ひとつは「JAPAN WEEK」(スタートページのみ日本語あり)
このイベントは毎年海外のどこかの都市で行われていて今年はフランクフルトで開催。
主に日本の文化や伝統芸能を紹介するという主旨のイベントです。

この「JAPAN WEEK」は日独交流150周年のフィナーレを飾るイベントでもあり、かなり前から情報誌などで告知されていました。

そしてふたつめは「Japanische Woche
こちらのイベントは文化や伝統芸能の紹介もありますが、企業宣伝ブースや食べ物の屋台も開かれ、いわゆるお祭り的なイベント。(DJ付きカラオケなんてのもあり)

しかしこのイベントのポスター。どう見ても「日本ぢゃない!」(と思いませんか?)
ポスターに写っている女性、そして「Japanische Woche」の文字。
(なんでかわかりませんが、アジアのものを表すときは必ずこの字体で書かれてしまう)

そしてもうひとつ声を大にして言いたい「日本ぢゃなーーーい!」ものが”MoschMosch”。
えぇ、彼らの屋台が「Japanische Woche」に登場するんですよ。
昨日仕事帰りにイベント会場の横を通って、屋台の設営してるの見ちゃいました。(甦る記憶・・・)

でもその隣にははるばる大阪から海を越えてやって来た「たこ焼き」の屋台が!
許す。”MoschMosch”でも何でも許す。(ってか私の目にはもう「たこ焼き」しか見えません!)
「たこ焼きは、大阪が誇る食文化やー。」(思考回路kaputt)

同期間の開催、そして日本語に訳すとどちらも「日本週間」となるこのイベント。
開催場所も近いから、混同している人が大多数。
そういう私も数日前に別物であることを知りましたが・・・。(ANAさんありがとうございます。)

そしてこの「日本週間」と関連して6日の日曜日は一部のお店が臨時営業となります!
日本のお祭りと、年に数回しかない日曜ショッピング大いに楽しみましょう!
[PR]

by agendadeutsch | 2011-11-05 20:36 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< よくあることよ、ハプニング 遅れてやってきた重要なお知らせ >>