VIVA! カールシュタット

 フランクフルトの街の中心には2つの百貨店があります。
Hauptwache駅にある“Galeria Kaufhof(カウフホーフ)”。
そしてHauptwache駅の隣、Konstablerwache駅にある“karstadt(カールシュタット)”
場所がら行きやすいのがカウフホーフなので、カールシュタットに行くことはあまりありません。

昨日(以前登場した)元クラスメイトのクレちゃん&くれちゃんと会う約束をしていました。

「これからの冬のために丈の長いコートを買わなければいけない。」というクレちゃんの強い要望で3人揃ってカールシュタットに行くことに。

ドイツの百貨店は日本と違い、きらびやかさはありません。
広い売り場に、ただハンガーに掛けられた服が陳列されてるって感じ。(商品数は多いんやけど)

そんな店内を歩き廻りながら、
「これいいんじゃない?試着してみたら?」
「いいと思ったら高~い!」
「(コートを試着して)ねぇどお?ちょっと太って見えるかな?」
などなど、男性が一緒にいたら「どれでもいいから早く買え!」っていわれそうな女子特有のお買い物をしていました。

するとある商品棚にキャンパス生地のエコバックが置いてあり、それを見たクレくれコンビが「このバックかわいい~。」と口を揃えて言いました。
くれ「欲しいけど、値札がついてな~い。」
私 「全部(値札が)付いてないから売り物じゃないんじゃない?」
クレ「店員さんに値段聞いてみる。」

店員さんを捜し歩くこと数分。そしてようやく発見。(この点も日本と違い店員の数は腹が立つほど少ないです)
クレ「このバックの値段はいくらですか?」
店員「確認してきますので待ってください。」(←おっ、確認してくれるなんてかなり良い店員よ)

そして戻ってきた店員さんは「このバックは売り物ではなく、ご希望のお客様に差し上げてるものなので、どうぞお持ち帰りください。」
マ、マジーっ!
この国に“お客様に”なんて、そんなサービスが存在するなんて!
この店員さんの接客もよかったし、一気にカールシュタットが好きになったですよ!

b0174108_0304929.jpg
しっかりした生地でスーパーへのお買い物にちょうど良いわー♪
ありがとうカールシュタットさん。
これからは(ひと駅歩いて)もっと入店しますのことよ。(←うれしくって言葉づかいが変)

そして私たちはプレゼントされたエコバックを持って違うお店へ行き、そこでコートを買いましたとさ。
めでたし。めでたし。
[PR]

by agendadeutsch | 2011-12-07 01:17 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< ニコラウスの謎 たぬきさんのお受験 >>