ニコラウスの謎

 さて問題です。
クリスマスに赤い服を着て白い髪の毛とお髭を生やし、子供たちにプレゼントを渡す人は誰でしょう。

「サンタクロース!」と答えたあなた正解です。
「ニコラウス!」と答えたあなた。
ドイツ人化進んでますね。(笑)もちろんこちらも正解です。

ドイツではニコラウス=サンタクロースのことで、格好は少し違いますが、いい子にしていた子供たちにプレゼントを渡す聖人のこと。

そして、そのニコラウスさんがいい子にしてた僕ちゃんたちにプレゼントを渡す日が12月6日「Der Nikolaustag(聖・ニコラウスの日)」です。

実は私、ニコラウスの日は知ってましたが、プレゼントが絡んでくる日だとは知りませんでした。
たぬ「明日(6日)どこか出掛ける予定ある?」
私 「ないけど・・・。なんで?」
たぬ「明日僕の実家から荷物が届くから受け取って欲しいの。」
私 「なんの荷物?」
たぬ「明日はニコラウスの日でしょ。だからチョコレートとかの贈り物だよ。」
私 「 えっ?ニコラウスの日ってプレゼントの日なの?」
って感じで・・・。ドイツ生活3年目にして初めて知りました。(去年は日本にいたし、その前は・・・憶えてません)

でーもーね、24日にもクリスマスプレゼントの交換するやん?
クリスマスプレゼントの日が2日(6日と24日)あるってこと?
この疑問をたぬきさんにぶつけてみると、こんな返事が返ってきました。

12月6日“聖・ニコラウスの日”
プレゼントの送り主・・・ニコラウス
プレゼントの内容・・・チョコレートやお菓子など小さな(安価)もの

12月24日“クリスマス”
プレゼントの送り主・・・サンタクロース(←?????)
プレゼントの内容・・・オモチャなど少し大きな(高価)もの

サンタクロースのことをドイツではニコラウスって言うんちゃうんかいな?!
いやでも、サンタクロースはドイツ語で“Weihnachtsmann”っていうから別人なんか?
ネットで検索しても全くはっきりしない。
あぁーもう何がなんだかさっぱりわからーん!

たぬきさーん、どういうことなんか説明してくださーい。
たぬ「実は僕もよくわかんないんだよね。小さいとき不思議に思ったことはあったんだけど・・・。プレゼント2回貰えるんだからいいじゃない。」
それでいいの?

と、こんなよく分からない風習の日に届いたパパ&ママからの贈り物は
b0174108_2093645.jpg
チョコやレープクーヘンなどのお菓子と、グリューワインのカップ、そしてクリスマス用のテーブルクロス(下に敷いてるの。おばあちゃんの手作りだって!)

b0174108_20173413.jpg
それと、解読不能なクリスマスカードでした。
[PR]

by agendadeutsch | 2011-12-08 20:17 | ドイツのクリスマス | Comments(0)  

<< クリスマスパーティ VIVA! カールシュタット >>