フランクフルト ディズニー化計画?

 先月の話になりますが・・・
8月中旬、日本から友達がフランクフルトに2週間ほどやってきました。
数日間、私のアパートに滞在していたのですが、この友達は以前フランクフルトに住んでいたことがあるため、私は大した御もてなしもせず、彼女(友達)は一人で観光や街ブラをして久しぶりのドイツを楽しんでいました。

ある日アパートへ帰ってくると、友達が「ねぇ、Römer広場にミッキーとミニーがいたよ。」と話してくれました。
Römer広場とはフランクフルト一番の観光地と言ってもいい、ガイドブックには必ず載っているところ。
そんなところにミッキー???
なんかのイベントの宣伝とか?

友達「でもさ、明らかに偽物なのよ。」
私 「中国の写真でよく見るような?」
友達「そう、そんな感じ。」

それから数日後、職場の方から「この前フランクフルトに行ったら偽ミッキーがいた!」との更なる目撃情報が入りました。
「偽物なんだけど、子供たちは“ミッキー♪”ってよって行って、一緒に写真撮ってたりして・・・」

そんな話も忘れかけていた頃、Römer広場近くを歩いていると
b0174108_20495438.jpg
い、いた・・・

足元にカップが置いてあるということは、写真を撮るのにお金をとるの・・・か、デズニーよ。
[PR]

by agendadeutsch | 2014-09-14 20:58 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< Gesundheitsamtで講習 スーツより大事なもの >>