期待外れな日食

 実は今日ヨーロッパ全土で皆既日食がありました。
昨日、職場の人から聞くまで全然知らなかったんだけど。

同僚「明日皆既日食があるじゃない。もう子供たちのテンション上がっちゃって・・・」
私 「えっ?日食?! 知らない。何時ごろ?」
同僚「午前中だって。」
私 「と、いうことはその間は真っ暗になるってこと?」
同僚「だと思うけど。」
私 「マジンガー!(byゴリエ)」

日食も月食も見たことないのよ。
午前中ってことは仕事の前だからチヤンスぢゃないよ!

しかし、「直接見たら眼を痛めるから“専用のメガネ” をしないとダメなんだって。でもこのメガネもう売切れなんだよねぇ。」の情報。
普通のサングラスじゃアカンのかな?

たぬきさんからも口頭と文書で「絶対に専用メガネなしで見ないこと!」と注意される私。
以下たぬきさんからの注意勧告メール。
Do NOT look into the sun !! Sunglass ist auch verboten !!! Sunglass also is abunai !!!
Do NOT look into the sun with Sunglass !! Sunglass is NOT enough protection.
3ケ国語で注意されるって・・・。
分かりましたよ。サングラスで見たりしませんよ。

そして今日。
晴れてます。快晴です。
たぬきさんからフランクフルトの部分日食は10時35分から40分と教えてもらったので、部屋で外が暗くなるのを今かと待っていました。

日食の時間が近づいて来たころ腹痛到来。
だけどもうすぐダークな時間。
なんとなーく外がさっきより暗くなってるような気がする。(単に気のせい?)
だからガマンなのよ。

しかし時計の針が40分を過ぎても外の景色は一切変わらない。
洗濯が終わったので、ベランダに出て洗濯物を干しながら太陽の辺りをチラリと見ると、眩しいサンシャイン。
「もう終わった・・・の?」

お昼間なのにダークな世界を期待してたのに・・・・
期待外れぢゃー。

職場に到着後早速同僚に「全然たいしたことないやん!」と文句をたれると「一瞬暗くなっただけやったね。でも専用メガネで見たら太陽が隠れたの見えたよ。」って。
同僚は専用メガネを持った近所の人が外にいたので、貸してもらって日食見たんだって。
あーん、くやちぃー。

この日食が原因で太陽光発電の発電量が減るから停電するかも・・・とか言ってたから、真っ暗になるとかなり期待してたのに。
すっかり煽られちゃったでござるよ。
[PR]

by agendadeutsch | 2015-03-21 08:36 | ドイツ生活 | Comments(0)  

<< 怒りで寝れない! フランクフルトで大規模デモ >>