いろいろ(?)な消費税率

 現在日本は消費税率が8%ですね。
こちらドイツの消費税率は2通りあり7%と19%です。
大まかに分けると食料品と書籍が7%、その他が19%となります。

19%と聞くと「高い!」と思いがちですが、お店の表示価格は全て(レストランも)内税なので、レジで「えっ?」と驚くこともありません。
日用雑貨安いし・・・(私の買う一例、歯磨粉45セント ・ シャンプー2ユーロ(もちろん定価で内税価格))

さて先日、八百屋さん(←死語?)でミニバナナとブドウを買いました。
アパートに帰り何気にレシートを見てみると、7%と19%両方の税金が載っていました。
金額から計算するとブドウは7%でバナナが19%のようです。

「両方とも食品なのに???」

普通のバナナは7%です。
“ミニ”バナナだから19%なのでしょうか???
実は、食料品は7%といっても細かな区別があり、税率19%になる品目もあるのです。

内税やから、7%でも19%でも消費者が払う金額は変わらんし、どっちでもいいっちゃいいんやけど。
でも気になる!

こんなときは、「たぬきさーん出番ですよ」

「単純にレジの打ち間違えじゃないの?」と言いながらインターネット検索を始めるたぬきさん。
しかしなかなかヒットしない。
結果・・・「気になるなら、もう一回買えば? で、また19%ならミニバナナは19%ってことでしょ。」

そして、(お買い得価格の時に)買いましたよ。
早速貴さんレシートちぇーっく!
気になる税率は“7%”。
単に間違いだったのね。(つまんないわ)

一体どういうルールで税率決めてるの???と頭をかかえるものを少し紹介。
・ロブスター 19%  (カニ・エビは7%)
・シマウマ 19%   (馬は7%。食用じゃなく動物自体の売買だと思うんだけど・・・)
・赤ちゃんの離乳食 19%(動物のエサは7%!)
・食事(イートインの場合)19% (テイクアウトの場合 7%)
・雑誌 19%     (新聞 7%)
などなど

ちなみに日本食材で(私の知ってるの)は
長芋・わかめ・昆布が19%。
たぬ「食べ物として浸透してないからじゃない?」
私 「ドイツ人わかめサラダ大好きやん。浸透度でいけばダシの素なんかのほうが低いと思うけど。」
たぬ「税率決めてるの僕じゃないから分からないよ。」
と、いつまでも謎が残る消費税率であります。
(こう考えると、日本のように一律のほうが分かりやすいよね)
[PR]

by agendadeutsch | 2015-05-14 04:32 | ドイツ的トリビア | Comments(0)  

<< 大阪の未来が決まる日? お出かけ中止の訳 >>