人気ブログランキング |

一時帰国の健康保険など

 前回書きましたが、年末から1ケ月日本に帰ってました。

この間に歯医者に行きたかった私。
年とともに歯茎が痩せて来てるし、それに伴い子供の頃から付き合っている差し歯がヤバイ。
もちろんドイツでも見てもらえるけど、予約(複雑?な治療は他の病院に回されたり)とかいろいろめんどくさいのよ。
時間もかかるし。
日本だと細かいニュアンス伝えられるし、技術的なことも含め安心感が違います。

でも緊急時以外で、病院に行くには日本の「国民健康保険」に加入しなければならない!
(いやもちろん全額実費という手もあるけど、高いやん)

(1ケ月程度の)一時帰国でも保険に加入できるのかどうか?
帰国前、お役所に問い合わせてみると「住民登録をすれば加入できる」との返事。(ありがたや)

12月29日からお役所が休みに入るということで、帰国日当日(12月28日)すぐに手続きに向かいました。

まずは住民登録。
「ドイツに住民登録したままだけど、日本で住民登録してもいいのか?」と念のため質問すると「国内の手続きなので、この情報がドイツにいくことはない」との返事。(ホッ)

でもここでひとつ注意!
住民登録する際に、“世帯主を誰にするのか”で保険料が変わります。
私の場合、実家の住所で住民登録して、世帯主を本人(私自身)にしました。
理由は、世帯主の(日本での)前年度の収入によって保険料が計算されてしまうため。
(もし父親を世帯主とすると、父親の収入で計算されてしまうので保険料が割高に。
本人(私)にすれば前年度は無収入なので、一番安い利率で計算されるので安くなるのです)

住民登録が済んだら、次は健康保険加入手続きへ。
必要書類に記入と捺印。
「保険料払って、保険証貰って・・・」と思ってたら「1週間後位に郵便が届くので、それを持ってこちら(役所)に来てください。そのとき保険証お渡しします。」って。
すぐ貰えるんじゃないのね・・・。(まだこの時点で保険料は支払わなくてよい)

そして年が明けて1週間ほど経った頃、お役所から届いた書類(郵便)を持って再度お役所へ。
このタイミングで保険証を貰いました。

しかし、ここでお役所の人からある一言が!
「国民年金にも加入して下さいね。」

薄っすらとは思ってましたよ。
住民登録したということは日本に住んでる ⇒ 日本に住んでる人は年金の納付は義務
しかし私はドイツに住んでる間も“任意”という形で保険料を払っているのよ。
こーゆー場合どーなんの?

私 「私は今も任意で国民年金に加入しています。保険料は年払いで支払ってるので3月か4月まではすでに払ってるんですけど、このまま任意加入を継続できませんか?」
役所「月を跨いた場合は任意を継続できないんです。すでにお支払いの保険料は返金という形になります。」

うぅ~。
年末だからって急いで住民登録したことが裏目に出てしまったわけね。
しかし、年金事務所は遠いので手続きに行くのがめんどくさい。
私  「手続きは年金事務所へ行かないと出来ませんか?」
役所 「任意から通常(?)にするのは役所間で処理するので手続き不要です。ただ、再度任意加入する場合、クレジット払いは年金事務所でしか手続きできません。他の支払い方法ならこちらの窓口に書類を提出してもらえば結構です。」

私はあと数年で年金受給資格期間の25年になるので、この期間をクリアするまでは、任意加入を続けるつもり。
じゃ、クレジット払い以外で任意加入しよーっと。
(とここまで書いたところで、受給資格期間が10年に短縮されるとのニュースを知った)

そーこーいう間に1ケ月が経ち、明日はドイツへ旅立つ日。
お役所に行き、住民登録の抹消(退出)をして保険証を返却。
この時点で健康保険の保険料が計算され(私の場合)1ケ月分を窓口で支払いました。(コンビニ払いも出来るそうです)
そして国民年金の任意加入の手続きをして、お役所手続き全て完了。
(保険証を返却したあとも、退去日(日本を離れる日)までは保険は適応されるとのこと。万一病院に行くことがあったら、お役所に連絡すればいいそうです)

今回、私が支払った保険料は約2300円。
歯医者さん2回の治療費は3割負担でも結構高かったけど、保険に加入した意味はあったぞ。(ウン)

ちなみに
国民年金保険料は納付書が後日実家に郵送されるということで、金額などは不明。
ダブった分の保険料はキチンと返金されるのでしょうか?(←かなり不安)

最後に
マイナンバーは届きました。(要らんわー)

by agendadeutsch | 2016-02-19 19:47 | 日本一時帰国 | Comments(0)  

<< 東野圭吾 ドイツ語版 中国人爆買いの嵐 >>